ショッピングや会社案内など様々な情報がWeb上で公開されはじめた1990年代後半、

 当時「紙のメディア」つまり印刷製品は近い将来無くなってしまうのではないかと囁かれていました。

 事実、インターネットの利便性は疑う余地がありません。

 しかし相変わらず私達の周囲に、印刷製品が溢れている事もまた確かです。


 1960年代、同様な事が起こりました。

 テレビが急速に普及した時の事です。

 当時、テレビの瞬発力に「新聞は無くなってしまう」と言われたものです。

 ところが実際は「新聞」と「テレビ」は見事に共存しています。


 人は"目で追う情報"と、"手に取る情報"を上手く使い分けているのではないのでしょうか。


 「リアルタイムである」「動画が見られる」といったITメディアに加え、

 「手にとって見る」「何度も見る」「見比べる」「残す」と言う、元来在った

 極めてアナログ的な紙のメディアの融合、

 それこそがこれからの媒体の在り方であると考えています。

水谷印刷所では、御社に発生するムダなコストを見直し、

お客様の予算に合わせた最適なコスト削減プランをご提案させて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。




おいおい
求人系の会社からも電話がかかりまくる。
いやいや、そんなに同時多発テロみたいに求人するほど
うちの会社、大きくないから(苦笑)

それとは別に、ものすごい量のセールス電話がかかるようになった。
求人の効力、こんな所にきかなくてよろしい!(>へ<)
水谷憲明 6/30(THU)17:12

新入社員が一人決定。
もう一人採用するか、悩んでます。

とりあえず、採用した子に何から教えればいいか
考えております。
水谷憲明 6/8(WED)15:51

オンデマンド
恐るべし!オンデマンド!!
オフセットの値段の何分の一かで勝負。。。

うちも使ったりはするんだけど、オフセットではないと。。。という
味わいというか、実際のクオリティーだったりとかもある。

価格を取るか、品質を取るか、の部分なのであろう。
水谷憲明 5/27(FRI)13:08

有難い悲鳴
人事担当から聞いてビックリ。
面接依頼や興味を持ってくれている人の多さ。
水谷 5/24(TUE)13:23

うーん
新入社員を採用するにあたって
面接をどう行うか、そのあとの教育はどうするか、
色々模索中。

見て覚える、という時代ではなく
教えてもらって当たり前、という時代らしい。

僕が古いんだな…。
1から学んでノウハウを盗んでほしいんだけど。
どうやって教えていこう。
水谷憲明 5/20(FRI)12:56



水谷印刷所連絡先→TEL:0561-53-3455 FAX:0561-54-2254 MAIL:office@m-pri.co.jp